財布大好き人間の為になる話

風水で選びたい、お金が溜まる財布

私達が普段お金を入れている財布は風水的には開運のアイテムでもあります。
風水に即した財布を使っていればお金があつまり、金運が上昇する事になります。
しかし、同時に風水的に間違った財布を持つと思わぬトラブルで散財する事になるかも知れません。
では、風水的に縁起が良いお財布、縁起が悪い財布とはどんなものでしょうか?

 

 

 

財布は、二つ折りではなく長財布を選ぶのが大事

 

風水においては財布はお金の家であると考えられています。
ですから、二つ折りの財布は、お金を締めつけて窮屈にしていると考えられるわけです。
そこで、長財布のようなお札を折り曲げ無くていい財布が最上とされています。
また、財布についているポケットはなるべく偶数それも8個が一番縁起が良いとされています。
それは漢数字の「八」は末広がりで縁起が良いと考えられているからです。

 

 

財布には、なるべくお金を詰めておこう

 

またお札は、とても寂しがりなのでなるべく仲間を欲しがる性質を持っています。
ですから、財布には、なるべく沢山のお金を入れて、お札が寂しくないようにしましょう。
沢山入っているお札は、さらなる仲間を呼ぶので、どんどんお金が入るようになります。

 

 

お金が欲しいなら持ってはいけない財布の色とは?

 

風水的には、お財布の色も重要です、一番お金を呼ぶ色は、ずばり金色だと言われます。
ただ、普段持ち歩く財布が金色は恥ずかしいという方は、黒、または黄色、白、ピンクもいいようです。
可能であれば、外側は黒で中が金色の財布がベストです。
また、絶対に持ってはいけない財布の色は「赤」、そして、青とか水色の寒色系もいけません。

 

 

財布は、常に整理整頓しておく

 

 

上に書いた事を全て守っても財布の中が不要なレシートやカードでごちゃごちゃしてたり、
小銭で財布がパンパンに膨らんでいるのは宜しくありません。
財布は、お札にとっては家なので、家がごちゃごちゃしていると折角の運気が落ちてしまうのです。
ですので、財布は定期的に整理整頓し、小銭は機会を見て使い切るようにしましょう。

 

 

皆さん、いかがでしょうか?知らない間にやっていたお金が溜まらない癖などは発見できましたか?